プロの手で庭を綺麗に|庭をトータルプロデュース!剪定業者に依頼して憧れの庭を作ろう

剪定は慎重に行おう~プロに依頼するのがベスト~

植物の剪定をプロに依頼してよかったことベスト5

no.1

見た目がきれいになること

剪定には技術が必要です。そのため、プロを頼るのが一番なのです。プロに依頼することで、何といっても木全体のバランスが良く見た目をきれいにする事ができます。木は成長によって枝の長さがバラバラになる事があります。他の枝の成長を阻害する枝や不自然に伸びた枝を短くすることで見た目の美しさを整えます。また、複数の樹木を植えている庭では他の木とのバランスも考えて剪定してくれるので、庭全体の見た目もよくなるのです。

no.2

風通しが良くなること

見た目が良くなるのと同時に、風通しが良くなるように枝を切ります。風通しが良いと害虫や樹木の病気の発生を防ぎやすくなります。多種の樹木を植えていても、種類によって好む日当たりなども考慮して剪定してくれるので、樹木の健康も保たれます。剪定をしながら害虫に気付いたときは消毒などのアドバイスもしてもらえます。

no.3

危険がなくなること

剪定作業は脚立やはしごなどで高いところに上がることが多く、不安定な足場で素人が剪定ばさみを使うことは、危険が伴い事故につながりかねません。ホームセンターなどで販売されている高枝バサミも慣れないと扱いが難しいです。プロに頼めばそういった危険も回避できます。特に年配の方には危険回避は大きなメリットになります。

no.4

樹木の管理が楽になること

定期的に同じ業者に頼むと、庭全体の様子を把握して剪定したほうがよい時期になると連絡をしてくれます。樹木によって切る時期があるのでプロの目で見てその庭にあった一番いい時期を教えてもらえます。さらに肥料を与えるときなどのアドバイス、害虫などが発生した時の対処なども教えてくれ、自分で管理するより楽になります。

no.5

遠方の実家もお願いできること

誰も住んでいない遠方の実家の庭が荒れ放題になっているのも、お任せできます。庭が荒れていると湿気も多くなり家屋への影響も出ます。また、防犯の面でも不安になりますが、自分ではなかなか行くことが出来ません。そんな場合でもプロにお願いすることで解決できます。定期的な庭の見回りを依頼すれば、安心です。

プロの手で庭を綺麗に

剪定

花が咲かない!適当に剪定してしまうのは失敗のもと

夏になり葉が生い茂ってきて庭の日当たりが悪くなったから、ちょっと枝を切ってしまおう。と枝をむやみに切ると翌年花が咲かなくなることがあります。ひどいときは樹木の健康を害してしまうことすらあります。実は、木には切るべき枝、切ってはいけない枝があります。その樹木が成長する上で、切ってしまうと花が咲かなくなったり、実が成らなくなってしまうことがあるからです。例えば紫陽花は、花後すぐに選定します。これは夏に伸びた枝に秋花芽が形成されるからです。もし秋以降に選定をすると花芽を切ってしまうことになり翌年花が咲かなくなります。ハギは冬の休眠期に刈り込みます。サクラは枝が細いうちに選定しないとなりません。庭木に多い梅やキンモクセイ、つつじなども注意が必要です。梅は花が咲いても、実が成らない、という事もあります。剪定時期以外にも剪定する場所(残す芽の数や枝の位置など)も樹木によっても様々です。剪定とはただ切るだけではありません。それぞれにあった剪定が必要なのです。自分で剪定するときはそれぞれの特徴を調べてから行う方がよいでしょう。それが大変な時はプロに相談するのも一案です。

剪定業者を選ぶならネットが便利

通常の生活ではなかなか剪定業者に出会うことはありませんが、ネットでなら簡単に探せます。「地域名+剪定」でも勿論探せますが、「松、梅」など庭に植えている樹木の名前を入れるとその樹木に詳しい業者を探し出すことが出来ます。頼みたいことを絞って業者を探すのも良いですし、剪定以外にも、庭全体のアドバイスが欲しい、自分でやりたい部分と業者にお願いする部分を分けて考えたい、など用途に応じてそれぞれの業者のホームページを確認してみましょう。料金表なども明確に表示しているところが安心です。見積もりに来てくれるところも多いのでその時に細かいことを相談します。他にもどのくらいの時間(日数)がかかるのか、留守中でも大丈夫か、剪定した枝などのごみ処理はどうするのか、も確認しておくとよいでしょう。遠方の実家などでも、ネットならその地域の業者を簡単に見つけられます。自分が見積もりに行けない場合でも引き受けてくれる業者があります。また、値段だけでなく、どのようなサービスがあるか自分のやってもらいたいことがきちんと依頼できるかを、いくつかの業者を比較して、一回だけではなく長期的に付きあう業者、という事を考えて選ぶと良いでしょう。

広告募集中